ぶっ倒れるまで

油断すると寝違えそうな世の中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

身も蓋もないこと





何事もやると決めたら全力で取り組むことって、きっと大事なんだろうなぁ、と思っていたのですが、



この前、目の前で、全力でチンポジを直しているおじさんを見てからは、

色々と思うこともあります。




でも、本当に全力で取り組むことが大事なんだと思うなら、やっぱりチンポジだって全力で直すべきなのかもしれない。





でも、やっぱり恥ずかしいよね(*ノωノ)

そんなこと思って、やっぱり俺って、いい加減な人間だなぁ、と()










あー。あと、


女優の松岡茉優かわいい!!


大変恐縮ながら、ひさびさに誰かのことをかわいいって思った。笑


これについては、それだけ。笑


いや、でも、本当にかわいい!笑











あとは、映画『君の名は。』を見ました。

面白かったよ。

面白すぎて、2回見ちゃったし、新海誠監督の過去の作品も見ちゃった。
『秒速5センチメートル』『言の葉の庭』『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』...


で、感想を述べる。いや、述べさせていただきます。笑



(ネタバレあるかもしれないから、気を付けてください。)




結論から言うと、



『君の名は。』は、すごく、王道だった。



面白かったのはもちろんだけど、一方で、まぁそれは面白くなっちゃうでしょ、っていうところもあったよね。

直球ど真ん中。

それこそ、音楽で言ったら、Mr.Childrenの『Tomorrow never knows』みたいな感じ。

あるいは、いきものがかりの『ありがとう』みたいな感じ。

売れるよね。

俺はそういうの大好きだから、大好きだけど。(?)



RADWIMPSの歌たちもよかった。



そして、何万というクソ男どもが思ったように、朝起きたら女子高生になっていたいなって思った←

あと、口噛み酒、エロいねb笑






で、今日は、それに加えて、物議をかもす、『秒速5センチメートル』についても少しだけ...




『君の名は。』とは、結末が正反対のストーリーなんだよね。




ストーリーは、というと、


小学校のころ両想いだった2人が、中学校から離れ離れになってしまって、

それでも男の子は女の子のことをずっと想っていたけど、

女の子は大人になって、男の子のことは忘れてしまって、新しい男の人と結婚してしまう。



ざっというと、こんな感じ。

実は、もっとお話がいろいろとちりばめられているんだけど。





ちなみに、今(2016年)だったら、スマホがあって、TwitterにLINEにFacebookがあるから、誰かに連絡しようと思えば一発だけど、

たぶん作品の舞台となった時代は、携帯も出始めで、子供はまだ持っていないのが普通だっていう世の中で、

だから連絡しようとしたら手紙か電話しかない。


それも、今とは時代とか価値観とかがすこし違っているところかな。





それをふまえて、俺はああいう結末で良かったと思います。

『秒速5センチメートル』のような結末って、現実にはそういうこともたくさんあるだろうし、

すごい感情移入はしやすかった。笑



と、同時に、連絡しようと思えば簡単に連絡のとれるっていう今の時代がちょっとだけ嫌になった。

会いたい、っていう思いを育てることもきっと素敵なことだと思うんだ。

というか、恋って素敵ですよね。

お互いが想い合うっていうのも理想かもしれないけど、それは二の次で、ただ誰かの事を想うっていうのがいいと思う。

そう想える相手がいるっていうのが、なんか素晴らしいことのように思える。










...って、何を言っているのでしょうね。もう22になってしまうというのに... (゜д゜;




結局は、純情だとか無垢だとか、そういう青臭いものじゃなくて、

本当は、衝動だとか本能だとか、身も蓋もないことなのかもしれないけど。





まぁそうなのだろう。でも、それでもいいじゃないか。笑








うん。今宵も月がきれいですね(T_T)







関連記事
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<simple | ホーム | とりまってなんだよ。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。