ぶっ倒れるまで

油断すると寝違えそうな世の中

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

川口市の京浜急行



京浜急行っていう電車があって。

真っ赤な車両で、東京と三浦半島を結んでいる関東の私鉄なんだけど。





品川駅のちょっと高いホームから、緑色の鉄橋でJR線を越えて。

それから、ぐんぐん加速して。

いや、ぐんぐんどころじゃないな。

電車が悲鳴を上げるような、なんというか、

『頑張っている』

という響きが似合うような。

とにかく全力で走っていく。




京浜急行の快特電車は、

(むかしは快速特急って言っていたけど、今は快特っていうらしい。

快速特急の方が速そうだけどね。)

ときたま隣を走るブルーの京浜東北線を軽く抜き去って、オレンジの東海道線と競り合って、

しばらくして横浜を過ぎると、三浦半島の山々をトンネルで潜り抜けて、横須賀の港町に滑り込んでいく。





小さい頃はこの電車で横須賀の祖母の家に年に数回行っていたんだけど、

この電車に乗るのが楽しみだった。







そんな京浜急行だけど、

実は、長らく地元の川口にその車両が展示されていたということで、

見に行ってきました。








川口の京浜急行




すげー!

…でも、なんで川口(埼玉県)に、京浜急行の電車があるんだろう。

そして、かわいそうなくらいに車体はボロボロ...



ぐるっと周りを見てみましたが、特に説明はなく。

ただ、この車両、2017年の4月に母なる京浜急行電鉄株式会社に帰っていくそうで。

そのことをお知らせする案内が掲げられていました。


京浜急行車両の譲渡先は京浜急行電鉄株式会社


なんか、住宅街のまんなかで吹き曝しで放置されているのも、

悲しいですよね。

譲渡という選択は、良かったような気もします。






ちなみに、京浜急行車両の裏には、こんなものが。



川口のSL



SL!!





東京から埼玉県を通って群馬県は高崎まで結んでいる高崎線。

今や埼玉・群馬の大動脈となっている高崎線(こら、外国に通じている路線とかいうんじゃない)。



その敷設工事の起点となっていたのが、ここ川口だそうで。

たぶん、東京側にある荒川が大きな川だから、

まずは楽な川口から作ろう!みたいな発想な気がするのですが。(テキトー)







で、このSLは、そんな高崎線とは全く関係がなく(...............Σ(゜д゜;))







かつて川越線(大宮~川越~高麗川)で活躍していたSLが引退するときに、

川口市が譲り受けたらしいですね。





こちらは京浜急行の車両とは違い屋根がついていますが、

それにしても、よくある公園のSLみたいに、

『子供たちに喜んでもらおう!子供たちに愛されよう!』と媚びる様子はまったくなく、

気付いてくれる人がいればそれでいい、みたいな

そんな素っ気ない姿で佇んでいました。








この春までは京急の車両もここにあるらしいので、

興味のある人はぜひ。

あ、青木町公園っていう公園にあります。笑







関連記事
スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム | 鳩ヶ谷市を訪ねて~3.市民プール>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。